保護者が選ぶ小児歯科

ホームへ戻る > 保護者が選ぶ小児歯科

良い歯医者とは
歯医者クリーニングの受け方
歯医者における初期虫歯治療
歯科クリニックで面接
歯科クリニックのレイアウト

保護者が選ぶ小児歯科東京都内では歯科が廃業するという事態が起きています。江戸川区にも歯科は数多くありますが、歯科をコンサルティングする会社が江戸川区内の歯科を訪問した際に、以前よりも患者数が減っている、特に新規の患者が減っているということを感じたそうです。


その理由としては現在の不況により、少しの歯の痛みで受診する患者が減ったこと、むし歯の予防のために歯科を受診する患者が減ったこと、少子化により子どもの患者が減ったことなどがあげられます。しかし、むし歯による子どもの患者数が減ったことは良い傾向にあると江戸川区のある歯科医は話します。少子化に伴って、一人ひとりの子どもに対する親の関心が行きとどき、親による仕上げ磨きをしっかりと行うことができているというのです。

そして、多くの保護者が我が子のむし歯を予防するということを真剣に考えているのだそうです。その結果、むし歯予防のために定期的に歯科へ検診を受けに連れて行き、フッ素塗布を3カ月に一度ほど行なっているというのです。フッ素塗布だけでは、むし歯を防ぐことはできないので子どものむし歯の予防には、歯磨きの習慣、おやつへの注意、定期的な歯科検診、3カ月~半年間隔のフッ素塗布が有効的であります。