良い歯医者とは

ホームへ戻る >  保護者が選ぶ小児歯科  > 良い歯医者とは

歯科医院スタッフ良い歯医者とはどのようなところを指すのでしょうか?それを見抜くポイントは5つあります。まず、説明をきちんとしてくれるということです。どういった治療をするのかということをはっきり説明してくれなくては、治療を受ける患者側としても不安になります。次に、スタッフの対応が良いということが挙げられます。スタッフの対応が感じが悪かったら、なかなか通うのも嫌になってしまいますよね。逆にスタッフの対応が気持ちが良いものだったら、続けて通おうと思えるはずです。


また、設備が整っているというのも、良い歯医者のうちに入るでしょう。もちろん、先生の腕が良いというのは当然ですが、機械も最新のものが揃っていなければ、少し不安になります。

機械が治療をするわけではありませんが、それなりのものは揃えてあった方が良いと思います。あとは、時間をかけて治療を行ってくれるということです。


丁寧にやればやる程、時間はかかってくるものなので、丁寧さがそこで分かります。


最後に、一番大切なのは、担当してくれる先生を信頼できるかどうかです。治療には、上手い下手があるので、もちろん上手い先生に担当してもらうのが一番ですが、それ以上に、「痛くないですか?」などと患者さんのことを気遣ってくれる先生がいるというのが大切です。


そういった思いやりのある先生の元には、沢山の患者さんが集まり、自然と混み合い人気が出てくるものだと思います。このようなのが、良い歯医者の条件になるでしょう。