歯医者における初期虫歯治療

ホームへ戻る >  保護者が選ぶ小児歯科  > 歯医者における初期虫歯治療

歯医者における初期虫歯治療C1と呼ばれる状態の虫歯にかかっている人もいるでしょう。C1とは、いわゆる初期虫歯の状態を指します。エナメル質が溶けだしてしまって、歯に穴があいている状況を指します。再石灰化も見込めない場合には、歯医者で治療を行う必要があります。痛みがほとんどなくて、多少しみるかな程度なので、放置してしまう人もいるようですが、早めに歯医者に行くことをお勧めします。


初期虫歯の歯医者における治療ですが、まずはエックス線などを使って、歯の状態の検査を実施します。そして症状に応じて、歯を削っていきます。そして削った幹部の所については、特有の接着剤があるので、それを塗布していきます。そして詰め物をしていき、しっかりと接着していきます。詰め物ですが、最近では歯と似たような色合いの詰め物がありますので、目立つ心配はありません。そして表面を磨いて、かみ合わせを調整していき、完了という流れになります。治療回数も1回で済ませることができるはずです。

初期虫歯で使われる詰め物ですが、コンポジットレジンとセラミックがあります。コンポジットレジンはプラスチックの素材で、保険適用内で治療することができます。しかし色素沈着やプラークが付きやすいといったデメリットがあります。セラミックの場合、変色はほとんどないので、いつまでも白い歯をキープすることができます。しかし一方で、自由診療扱いになるので、費用はそれなりにかかってしまうことも理解しておかないといけません。