小児歯科で矯正を行うメリット

ホームへ戻る >  小児歯科の矯正治療  > 小児歯科で矯正を行うメリット

小児歯科で子供の歯列矯正を行うということは、成人してから治療を行う場合に比べると比較的その計画がスムーズに進むことが比較的多いです。しかし、その矯正治療について注意をすべきは、治療時期です。


小児歯科における矯正治療は、乳歯から永久歯に歯が生え変わる時期、つまり9歳から13歳くらいの時期に行うことがよいのですが、その時期が思春期にかかってしまうと、顎や歯などが急速に成長する時期にさしかかかる、ということになるので、その時期になるまでに治療を行うということが重要となってきます。

特に、顎の骨のコントロールを必要とする噛み合わせの治療については慎重に治療を進めていく必要があります。例えば、上顎の成長期というのは7歳から8歳にかけての時期。この時に出来た上顎の大きさが、そのまま生涯使う顎の大きさとなるのです。また、同じように下顎については11歳の半ばくらいから成長を続けていきます。


もしも噛み合わせについて矯正をしたい場合は、この時期に小児歯科に行き、矯正を相談していくことが重要になってくるのです。小児歯科では、思春期の時期を避けて治療を行うクリニックが多いので、ケースによっては、例えば第一期治療と第二期治療と時期を分けて治療を行うようです。歯並びの状態によって治療内容も変わってくるので、お子さんの歯並びが気になる親御さんは、なるべく早く小児歯科で相談をしてみるということをお勧めします。