注文住宅の設計と自然素材

ホームへ戻る >  自然素材を使った注文住宅の雰囲気  > 注文住宅の設計と自然素材

注文住宅を設計する段階で、仕様書が上がってきます。これを打合せで固めていき、最終的に現場に反映させることによって自然素材の注文住宅が成り立っている訳です。基本のプランは住宅メーカー独自のプラン集などがある場合が多く、注文住宅とはいえそれ程逸脱した間取りや突飛な印象の部材は使わない事になっています。


それが数年で進歩した事と言えるでしょう。自然素材の選定は、最終的に施主に任せられているものですが、再見積りが発生した場合当初より金額が上がっている場合も多い為、早めに担当者に伝えましょう。


設計の仕事が注文住宅メーカーの中でどれ位大事か、素人ではよく解らないという人も多く実際小さな工務店などであれば、営業から契約、プランの提示に設計を一人で請け負っている事も多い為、激務だと思います。

それだけに住宅がとても好きな人が残っていますし、提案力のある設計士だとそのままインテリアなどを提案して貰えます。


何かのきっかけで設計の部隊と打合せする機会がありましたら、どのような住宅に入居したいか、どんな生活を作っていきたいかを打合せするのも大変有意義です。設計は営業と違ってあまり細部を詰めるということはしないのですが、設計上の細かい裁量は決定できる場合もあります。


いい家を作りたかったら、設計士と仲良くせずとも対立しないようにするというのは基本かも知れません。どんなスタンスで設計するのかが明確な人の建てた家は、本当にしっかりしています。