自然素材の注文住宅の外壁塗装

ホームへ戻る >  自然素材を使った注文住宅の雰囲気  > 自然素材の注文住宅の外壁塗装

自然素材の注文住宅の外回りに使われている部材は、雨などで褪色していないかしっかり確認し、適切なメンテナンスを施す事が大切です。外壁材をサイディングではなく自然素材の木で作っているタイプの注文住宅などでは、実はこの木部の色褪せは大きな問題です。


経年で味が出た範囲か、何となくくすんで変色してしまった印象か、しっかり見極めて後者の場合は塗膜が出来るタイプの塗装などをかけて守りましょう。また、外壁材だけでなく、注文住宅にウッドデッキを作った場合なども、自然素材には注意を払ってください。


ウッドデッキは人が歩行する場所の為、南洋材などの硬く傷みにくい木を使うケースが多いです。これも純粋に自然の素材ではなく、木に似せて重歩行用につくったデッキなどがあるため、それを使えば楽には楽なのですが、やはりすべてを自然の素材で作ると決めた場合などは、後あと風合いの違いが気になってしまいます。

南洋材はメンテナンスもしやすい場合が多い為、日頃から手入れ方法を入手して負担にならないようにメンテナンスしてください。


外壁を塗装する際、思い切って環境性塗料など、住宅の性能を高める素材の塗料で塗装をかけるのも住まいを長持ちさせるコツです。室内の体感温度を一定に保ったり、遮音性能があるなどと聞くとどのような仕組か色々と考えてしまいますが、大抵の商品はいかがわしいものではなく技術的な裏付けがあります。塗装では印象と住まいの強度を高めるという二つの大事な役目がありますので、商品研究をよくしてください。