木造の注文住宅の評判

ホームへ戻る >  評判の良い注文住宅の特長  > 木造の注文住宅の評判

木造の注文住宅は一般に良い評判が多いです。他の工法にくらべて費用が安いことが特長になっています。例えば、鉄骨造と比較するとトータルで500万円ほどの差があります(地域やメーカーによっても違いがあり、900万円ほどの差が出ることもあります)。家を建てる費用が安いのは有難いことですが、耐震性のことが気になる方もいらっしゃるでしょう。他の工法にくらべて弱いところがあるのは確かですが、最近は地震に対する強度を備えた木造住宅が次々と造られるようになっています。地震に対しては木造軸組工法などが使われます。

木造の家のぬくもりも良い評判のひとつです。これは家の建築に使われる檜などが持つ温かみから来るものでしょう。鉄骨造の家とは一味違います。さらに木には吸湿性があり結露ができにくいという特長もあります。木には熱を伝えにくい性質もあるので、一年を通して適度な温度と湿度の中で生活できます。喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギーを持った方にも木の家はお勧めです。実際木の家に住むようになって、アレルギーが出にくくなったという方もいます。ヒノキや杉などの香りはダニの繁殖を抑えます。ダニは湿度を好む生き物です。木には湿気を取る働きがあるので、ダニが増えるのを防ぐことができます。


木造の注文住宅を手掛ける業者はたくさんいます。評判の良い業者が多いですが、特に材料にこだわりを持っている業者は人気が高いようです。例えば、国産の檜を使って家を建てる注文住宅の会社の評判は一般的に高いです。