対応力が評判を決める

ホームへ戻る >  評判の良い注文住宅の特長  > 対応力が評判を決める

注文住宅を建てようとするときには、施工を頼む会社の評判が気になります。今はインターネットがあるので、その会社の評判を調べるのは容易です。普通に営業してそれなりの実績をあげている会社の場合、評判が悪いことはほとんどないでしょう。注文住宅の場合、自社が造った家が実績として残っていきます。工事に手を抜いたり質の悪い材料を使ったりすると、いずれそのことが判明します。さらに家を建てる大工さんは、誇りを持って自分の仕事をします。職人気質の方も多く、手を抜くことはありません。

しかし、ネットには注文住宅の会社に対する不満の声も掲載されています。ここで考えて頂きたいのは、注文住宅はいろいろなものがあるということです。100人の方が注文住宅を建てたら、100通りの家が出来上がります。ある方にとっては不満な感じる注文住宅の会社の対応も、ある方にとってはそれほど悪くないと感じる可能性があります。また不満の口コミを書いた人がたまたま気難しい方だったかもしれません。注文住宅の担当者の経験が浅くて、対応がややぎこちないものになったということも考えられます。


インターネットに載っている注文住宅の会社の評判は、参考にはなりますが、それによってご自分が施工を頼む会社を決める必要はありません。やはり候補の会社をいくつか決めて、家に来てもらってじっくり話を聞いてから決めたほうが納得のいく家を建てられるでしょう。ネット上の注文住宅の評判よりも、実際に会って確かめる会社の対応力のほうが参考になります。