がんと予防

ホームへ戻る >  評判の良い注文住宅の特長  > がんと予防

がんの予防には、これを実行したら確実にがんを予防できるという方法は今の所ありません。よくテレビでこれを食べたら、このがんがこれぐらい減ったということをやっていますが、必ずしも全ての当てはまるというわけではありませんので、注意しましょう。


ロボットならまだしも、人間の体はそれ程単純にはできていないのです。ロボットの場合ですと、壊れた部分に着目していれば修理ができますが、人間の場合は、壊れた部分があると確かにそこを治すことも重要ですが、何故その故障につながったかということを考えなければなりません。また、人間の体の故障箇所が真の原因ではないことが多々あります。それは、細胞レベルでお互い相互作用しながら動いているので、その均衡が崩れると全身に影響を及ぼすためです。つまり、がんも同じです。

結局は、身体は日常の生活の集大成ということになりますので、やはり、日常の生活の質を改善することが最大の疾病の予防につながります。日常では細胞レベルまで見ることはできないのですが、人間には感覚というものがあります。何となく体調悪いなとか、明日ぐらいにもしかしたら体調悪くなりそうだなと感じることもあると思います。こう感じたらこの数週間の生活を見直してみると、案外体調の悪さの原因になったことがあるものです。


そうやって日常から過去を見返すということを常日頃からやっておかないと、大病を患うきっかけにもなります。予防医学からみれば、人間の感覚を磨くということは非常に重要なものですので、日頃から心がけるといいでしょう。